Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電算システム、ビジネス向けクラウド型ドキュメント閲覧サービス

電算システムは、ビジネスシーンでの利用を想定したクラウド型ドキュメント閲覧サービスを提供開始した。

同サービスは、マニュアル、提案資料、画像など、ビジネスで使用するドキュメントをクラウド上に保存し、タブレット端末へインストールした「文書閲覧アプリケーション」や「ペーパーレス会議アプリケーション」から閲覧できるソリューション。

ファイルタイプは、PDFやOfficeドキュメント、mp4などへ対応。ファイルは暗号化された状態でクラウドやタブレット上に保存される。フォルダ単位で閲覧権限が設定できるほか、ファイルごとに有効期間を設定したり、ユーザーごとの閲覧ログを管理できる。

当初はiPadに対応し、今後はAndroidやWindowsへ対応を予定しているという。価格は、200ユーザーライセンス、容量100Gバイトで契約の場合、1ユーザーあたり月額1250円から。

(Security NEXT - 2012/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション