Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電算システム、ビジネス向けクラウド型ドキュメント閲覧サービス

電算システムは、ビジネスシーンでの利用を想定したクラウド型ドキュメント閲覧サービスを提供開始した。

同サービスは、マニュアル、提案資料、画像など、ビジネスで使用するドキュメントをクラウド上に保存し、タブレット端末へインストールした「文書閲覧アプリケーション」や「ペーパーレス会議アプリケーション」から閲覧できるソリューション。

ファイルタイプは、PDFやOfficeドキュメント、mp4などへ対応。ファイルは暗号化された状態でクラウドやタブレット上に保存される。フォルダ単位で閲覧権限が設定できるほか、ファイルごとに有効期間を設定したり、ユーザーごとの閲覧ログを管理できる。

当初はiPadに対応し、今後はAndroidやWindowsへ対応を予定しているという。価格は、200ユーザーライセンス、容量100Gバイトで契約の場合、1ユーザーあたり月額1250円から。

(Security NEXT - 2012/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト