Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TIS、DC利用者向けにセキュリティ運用監視サービスを提供

TISは、同社データセンターの利用者向けのセキュリティ対策サービスを拡充した。

同社が運営する都内データセンター「GDC御殿山」の利用者向けに提供するセキュリティ機器を充実させ、さらにブロードバンドセキュリティ(BBSec)のマネージドセキュリティサービス(MSS)を活用した運用監視サービスをメニューへ追加したもの。

同社では、これまでセキュリティ機器としてファイアウォールやUTMを提供してきたが、今回あらたにIDSやIPS、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)、パケットキャプチャ装置の提供に対応。月額単位で利用でき、ユーザー数やシステム拡張による見直しにも1年単位で対応する。

さらにフルタイムのインシデント監視や分析結果の提供に対応。ポータルサイト経由で月次レポートを提供したり、サービス状況の確認が可能となる。

(Security NEXT - 2012/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ