Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TIS、DC利用者向けにセキュリティ運用監視サービスを提供

TISは、同社データセンターの利用者向けのセキュリティ対策サービスを拡充した。

同社が運営する都内データセンター「GDC御殿山」の利用者向けに提供するセキュリティ機器を充実させ、さらにブロードバンドセキュリティ(BBSec)のマネージドセキュリティサービス(MSS)を活用した運用監視サービスをメニューへ追加したもの。

同社では、これまでセキュリティ機器としてファイアウォールやUTMを提供してきたが、今回あらたにIDSやIPS、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)、パケットキャプチャ装置の提供に対応。月額単位で利用でき、ユーザー数やシステム拡張による見直しにも1年単位で対応する。

さらにフルタイムのインシデント監視や分析結果の提供に対応。ポータルサイト経由で月次レポートを提供したり、サービス状況の確認が可能となる。

(Security NEXT - 2012/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
ソフバンテク、MSSに海外拠点 - 海外進出企業向けサービスを強化
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック