Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、標的型攻撃対策とウェブアクセス制御の連携ソリューション

マクニカネットワークスは、ファイア・アイとブルーコートシステムズの連携ソリューションを提供開始した。

仮想環境技術によってマルウェアを検知する標的型攻撃対策製品の「FireEye Web Malware Protection System」と、不正サイトを検知するウェブセキュリティ製品「Blue Coat ProxySG」の連携ソリューションを提供するもの。

「FireEye Web MPS」によって悪意があると判定されたURL情報を、「Blue Coat ProxySG」が定期的に収集し、アクセスを禁止するソリューションで、情報漏洩のリスクがある未知のURLに対する通信や、感染端末を外部から操作する悪意のあるサーバへの通信を遮断できる。

(Security NEXT - 2012/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム