Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5%がオンラインショッピングで詐欺に遭った経験あり - マカフィー調査

5%がオンラインショッピングで詐欺に遭った経験があるとの調査結果をマカフィーは発表した。

同社が9月25日から10月3日にかけて18歳以上の日本人を対象に、オンラインショッピングの習慣についてアンケート調査を実施したもの。有効回答数は1007。

モバイルデバイス利用者の92%が個人情報の盗難に対して不安があると回答する一方で、割引や商品案内など有益な情報を受け取るためであれば、個人情報を提供してもいいと考えている利用者も84%と多い。

オンラインショッピングにおける詐欺の経験について尋ねたところ、回答者自身が詐欺に遭ったとの回答は5%。また回答者の7%は、自身は被害に遭っていないものの、身近な人が詐欺の被害に遭っていたという。

ショッピングサイトの安全性を確かめる方法としては、51%がサイトに表示されるセキュリティアイコンを挙げた。また21%が、HTTPS接続から判断していると回答。サイトが安全か危険かを見分ける方法を知らないとするユーザーが35%にのぼっている。

(Security NEXT - 2012/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も