Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFR yarai analyzer」の新版がリリース - マルウェア簡易判定に対応

フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)は、マルウェア解析ツール「FFR yarai analyzer」の最新版となる「同Ver.1.2」をリリースした。

20121219_ff_001.jpg
利用イメージ(画像:FFRI)

同製品は、コードの分析や仮想システム環境による挙動の確認により、ファイルへマルウェアが感染していないか検証できる解析ツール。

フォルダにファイルを投入するだけのシンプルな操作が特徴で、同社セキュリティ対策製品「FFR yarai」のエンジンを搭載しており、未知のマルウェアにも対応する。

今回のバージョンアップは、マルウェア判定のみ行いたいユーザーのニーズへ対応したもので、マルウェアの判定と解析レポートの出力を選択できるよう改良されている。

(Security NEXT - 2012/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携