Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターポールとNECが提携 - デジタル犯罪捜査支援センターにシステムと要員を提供

国際刑事警察機構(インターポール)とNECは、サイバーセキュリティ対策で提携したと発表した。

今回の提携は、190カ国が加盟するインターポールの国際的なネットワークとNECのセキュリティソリューションを活用して、サイバー犯罪を調査、分析し、国際レベルでのセキュリティ強化を目指すもので、期間は3年間を予定している。

インターポールでは、2014年にサイバー犯罪に関する研究や捜査員のトレーニング、捜査支援活動を行う施設(The INTERPOL Global Complex for Innovation)をシンガポールに設立する予定で、NECは、同施設内の「インターポール・デジタル犯罪捜査支援センター」にシステムと要員を提供する。

同センターでは、サイバーセキュリティに関する脅威情報を調査分析してサイバーセキュリティ対策技術の開発に取り組み、インターポール加盟国へ提供する。

またNECでは、パートナーであるラックやサイバーディフェンス研究所(CDI)、フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)と同センターへ約760万ユーロ相当の製品やソリューションを提供し、サポート要員を派遣する。

(Security NEXT - 2012/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども