Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターポールとNECが提携 - デジタル犯罪捜査支援センターにシステムと要員を提供

国際刑事警察機構(インターポール)とNECは、サイバーセキュリティ対策で提携したと発表した。

今回の提携は、190カ国が加盟するインターポールの国際的なネットワークとNECのセキュリティソリューションを活用して、サイバー犯罪を調査、分析し、国際レベルでのセキュリティ強化を目指すもので、期間は3年間を予定している。

インターポールでは、2014年にサイバー犯罪に関する研究や捜査員のトレーニング、捜査支援活動を行う施設(The INTERPOL Global Complex for Innovation)をシンガポールに設立する予定で、NECは、同施設内の「インターポール・デジタル犯罪捜査支援センター」にシステムと要員を提供する。

同センターでは、サイバーセキュリティに関する脅威情報を調査分析してサイバーセキュリティ対策技術の開発に取り組み、インターポール加盟国へ提供する。

またNECでは、パートナーであるラックやサイバーディフェンス研究所(CDI)、フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)と同センターへ約760万ユーロ相当の製品やソリューションを提供し、サポート要員を派遣する。

(Security NEXT - 2012/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
「発注書」「請求書」など偽装するマルウェアメール - 年度替わりの時期、特に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
ラック、インターポールとサイバー犯罪情報の共有契約を締結
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算