Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ用セキュリティブラウザ「KAITO」、KDDIの「Business Port」で提供開始

ジェーエムエーシステムズは、スマートデバイスで利用できるセキュリティ面を強化した業務用ブラウザ「KAITO」を、KDDIの「SaaSソリューション Business Port」を通じて提供開始する。

同製品は、「Android」や「iOS」に対応した業務用のブラウザ。必要な業務アプリケーションを通信環境とあわせて提供するKDDIのプラットフォームサービス「SaaSソリューション Business Port」で提供する。

同ブラウザを利用することにより、通信履歴やキャッシュ、Cookie、クリップボード、画面コピー、ダウンロードなどを制御可能。データを端末上へ残さずにブラウジングが行える。

またホワイトリストによるウェブフィルタリング、管理者による集中管理、クライアント証明書による端末のアクセス制御などに対応している。

(Security NEXT - 2012/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発