Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月はマルウェア配布サイトが倍増 - シマンテック調査

11月はマルウェア配布サイトが、10月から倍増したことがシマンテックの調査によりわかった。1日あたり914件増加したという。

同社が、11月に同社が検知したウイルスやスパムの状況についてレポートとして取りまとめたもの。11月に同社があらたに観測したマルウェア配布サイトは、1日あたり1847件にのぼり、前月の933件からほぼ倍増した。

一方あらたに確認したドメインのうち、ブロック対象となった悪質なドメインは33.3%で、前回から5.2ポイントの減少。またマルウェアの11%は、ウェブベースのマルウェアだった。

ウイルス感染を目的としたメールの割合は、前月から0.05ポイント減となる0.39%。255.8通に1通の割合で送信されている。そのうち悪質なサイトへのリンクが貼られたメールは13%で、前月から10.6ポイント縮小した。

メール感染型マルウェアでもっとも多く検知されたのは、前月と変わらず「Suspicious.JIT.a-SH」で、全体の15.42%を占める。ポリモーフィック型マルウェアが占める割合は15.2%で前月から大きな変化はなかった。

スパムメールの割合は全流通メールの68.8%で、2011年後半から続く世界的な減少傾向の歯止めになるものではないが、前月より4ポイント増加した。悪質な添付ファイルやリンクを含むスパムの割合も上昇している。フィッシングメールの割合は0.23%で、前月より0.12ポイント減少した。

(Security NEXT - 2012/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強