Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月はマルウェア配布サイトが倍増 - シマンテック調査

11月はマルウェア配布サイトが、10月から倍増したことがシマンテックの調査によりわかった。1日あたり914件増加したという。

同社が、11月に同社が検知したウイルスやスパムの状況についてレポートとして取りまとめたもの。11月に同社があらたに観測したマルウェア配布サイトは、1日あたり1847件にのぼり、前月の933件からほぼ倍増した。

一方あらたに確認したドメインのうち、ブロック対象となった悪質なドメインは33.3%で、前回から5.2ポイントの減少。またマルウェアの11%は、ウェブベースのマルウェアだった。

ウイルス感染を目的としたメールの割合は、前月から0.05ポイント減となる0.39%。255.8通に1通の割合で送信されている。そのうち悪質なサイトへのリンクが貼られたメールは13%で、前月から10.6ポイント縮小した。

メール感染型マルウェアでもっとも多く検知されたのは、前月と変わらず「Suspicious.JIT.a-SH」で、全体の15.42%を占める。ポリモーフィック型マルウェアが占める割合は15.2%で前月から大きな変化はなかった。

スパムメールの割合は全流通メールの68.8%で、2011年後半から続く世界的な減少傾向の歯止めになるものではないが、前月より4ポイント増加した。悪質な添付ファイルやリンクを含むスパムの割合も上昇している。フィッシングメールの割合は0.23%で、前月より0.12ポイント減少した。

(Security NEXT - 2012/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加