Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年1月に制御システムセキュリティカンファレンスが開催

経済産業省とJPCERTコーディネーションセンターは、制御システムにおけるセキュリティ対策の推進を目指し、「制御システムセキュリティカンファレンス 2013」を1月24日に都内で開催する。参加費は無料。

同イベントは、重要性が増している制御システムのセキュリティ対策について、関係者による関連課題の情報共有や、解決を目的とした連携構築を目指したカンファレンス。脆弱性を取り扱うためのフレームワークや、海外との連携状況、取り組み事例、対策ツールなどの紹介や調査結果の報告などを予定している。

対象は、ユーザー企業や事業者、システムインテグレータ、製品開発者、研究者など制御システム関係者で定員は300名。参加の申し込みはメールで受け付ける、締め切りは2013年1月21日で、定員となり次第締め切る。

(Security NEXT - 2012/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
日立システムズ、「SHIELD統合SOC」を開設
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加