Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年のMS月例パッチ、前年から約2割減 - 深刻度「緊急」は増加

2012年に日本マイクロソフトが公開したセキュリティ更新プログラムの件数は、前年を約2割近く下回る見込みだ。

20121217_ms_001.jpg
セキュリティ更新プログラム数の推移(グラフ:日本MS)

同社は、12月12日に今年最後となる月例セキュリティ更新プログラムを公開し、1年間で公開したプログラムは83件となった。定例外で提供される可能性は残されているものの、2011年の100件を大きく下回ることはほぼ確実となっている。

1年を通じて見ると、1カ月あたりプログラムは平均6.9件。2月、7月、8月に9件とやや多かったものの、10件に達した月はなかった。また定例外のプログラムも9月に公開された1件のみ。製品の傾向を見ると、Windows向けの更新プログラムが減少している。

一方、深刻度が「緊急」にレーティングされているプログラムに絞ると、前年の件数を上回る。更新プログラム全体の件数が減少していることもあり、「緊急」の割合が3年ぶりに4割を越えた。これまで「Office」向けのパッチは、深刻度「重要」のケースが多かったが、2012年は3件の「緊急」プログラムが公開されたことも影響した。

これら83件の更新プログラムを通じて修正した脆弱性は183件。239件に対応した2011年から、大きく減少している。プログラム1件あたり、2.2件の脆弱性に対処した。

(Security NEXT - 2012/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%
2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答