Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトクリエイト、持込端末の不正接続を防止する「L2Blocker」の新版

ソフトクリエイトは、持ち込み端末の不正接続を防止するアプライアンスの新版「L2Blocker Ver.4」の販売を開始した。

同製品は、ネットワーク上の機器をリストアップし、不正端末の接続を防止できるアプライアンス。管理用画面からアクセスコントロールを設定できる。

最新版では、センサーの冗長化に対応。またブロックした端末へ利用申請画面を表示したり、機器自動判定機能を追加した。スマートフォンやタブレットの最新機種へ対応したほか、新筐体を採用し、処理速度の向上を図っている。

(Security NEXT - 2012/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に