Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクテレコム、ウェブアプリを保護する「ホワイトクラウドWAF」 - ポリシーのチューニングが不要

ソフトバンクテレコムは、攻撃からウェブアプリケーションを保護するクラウド型ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を提供開始した。

今回開始した「ホワイトクラウド ゲートウェイクラウドセキュリティWebアプリケーションファイアウォール」は、外部攻撃から企業のウェブサイトを防御するSaaS型サービス。セキュリティーポリシーのチューニングが不要で、DNSの設定変更だけで導入できる。

また定義済みの基本ポリシーメニューを用意しており、ウェブインタフェースの管理画面から選択することが可能。検出した通信を確認できるログ機能やレポート機能を提供する。月額利用料は月額1万9800円から。

(Security NEXT - 2012/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、WAF導入時に検討すべき項目を整理
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
IPA、サイトのセキュリティ対策20カ条を解説 - CLも公開
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増