Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクテレコム、ウェブアプリを保護する「ホワイトクラウドWAF」 - ポリシーのチューニングが不要

ソフトバンクテレコムは、攻撃からウェブアプリケーションを保護するクラウド型ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を提供開始した。

今回開始した「ホワイトクラウド ゲートウェイクラウドセキュリティWebアプリケーションファイアウォール」は、外部攻撃から企業のウェブサイトを防御するSaaS型サービス。セキュリティーポリシーのチューニングが不要で、DNSの設定変更だけで導入できる。

また定義済みの基本ポリシーメニューを用意しており、ウェブインタフェースの管理画面から選択することが可能。検出した通信を確認できるログ機能やレポート機能を提供する。月額利用料は月額1万9800円から。

(Security NEXT - 2012/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
インテリア通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
WordPress脆弱性狙う複数の攻撃キャンペーン - すでに数万件規模の被害か