Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSRTがバックドア型トロイの木馬「Win32/Phdet」に対応

日本マイクロソフトは、12月の月例セキュリティ更新プログラムの提供にあわせ、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新した。

今回あらたにマルウェアファミリー「Win32/Phdet」へ対応したもの。同マルウェアは、バックドア型のトロイの木馬で、特定のターゲットに対してDDoS攻撃を展開する。2009年より出回っているが、国内における拡散は確認されていないという。

(Security NEXT - 2012/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃