Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSRTがバックドア型トロイの木馬「Win32/Phdet」に対応

日本マイクロソフトは、12月の月例セキュリティ更新プログラムの提供にあわせ、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新した。

今回あらたにマルウェアファミリー「Win32/Phdet」へ対応したもの。同マルウェアは、バックドア型のトロイの木馬で、特定のターゲットに対してDDoS攻撃を展開する。2009年より出回っているが、国内における拡散は確認されていないという。

(Security NEXT - 2012/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃