Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「i-FILTER ブラウザー」がAndroidに対応、iOS端末との一元管理が可能に

デジタルアーツは、スマートデバイス用ウェブフィルタリングサービス「i-FILTER ブラウザー」が「Android」の搭載端末に対応した。

同サービスは、組織向けに提供しているクラウド型のウェブフィルタリングサービス。3月より「iPhone」などで利用できるiOS対応版を提供してきたが、あらたに「Android」へ対応した。名称も「i-FILTER ブラウザー」統一している。

「iOS」と「Android」を一元管理することが可能。「i-FILTER Proxy Server Ver.8」との連携により、PCとスマートデバイスの利用状況を、ユーザーごとに視覚化できる。価格は、5ユーザーで年額1万7325円。

(Security NEXT - 2012/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
トレンドと警視庁、子どものインターネット被害防止で契約締結
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加