Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバートラスト、「マルウェア・改ざん検知サービスKenchi」を開始

サイバートラストは、ウェブサイトの不正な改ざんを検知し、管理者に通知するサービス「サイバートラスト マルウェア・改ざん検知サービスKenchi」を提供開始した。

同サービスは、セキュアブレインの「gredセキュリティサービス」を利用した改ざん検知サービス。「SSLサーバ証明書」のオプションとして提供する。定期的にサイトのコンテンツを解析し、改ざん検知時には管理者へアラートメールを送信するとともに、メンテナンス画面に自動的に切り替える。

また改ざんの手法に関する詳細なレポートや、解析結果の定期レポートも提供。安全なサイトであることを証明する「シール」を発行する。

同社では、2013年3月29日まで「SSLサーバ証明書」を利用中または新規申し込みのユーザーは、同サービスを申し込み月と翌月1カ月間無料で利用できるキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2012/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IT資産管理製品「QND」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに