Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバートラスト、「マルウェア・改ざん検知サービスKenchi」を開始

サイバートラストは、ウェブサイトの不正な改ざんを検知し、管理者に通知するサービス「サイバートラスト マルウェア・改ざん検知サービスKenchi」を提供開始した。

同サービスは、セキュアブレインの「gredセキュリティサービス」を利用した改ざん検知サービス。「SSLサーバ証明書」のオプションとして提供する。定期的にサイトのコンテンツを解析し、改ざん検知時には管理者へアラートメールを送信するとともに、メンテナンス画面に自動的に切り替える。

また改ざんの手法に関する詳細なレポートや、解析結果の定期レポートも提供。安全なサイトであることを証明する「シール」を発行する。

同社では、2013年3月29日まで「SSLサーバ証明書」を利用中または新規申し込みのユーザーは、同サービスを申し込み月と翌月1カ月間無料で利用できるキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2012/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス