Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染攻撃、日本は3番目に少ない国 - ソフォス調査

ソフォスは、2012年におけるセキュリティの脅威動向を分析し、危険だった国と安全だった国のランキングを発表した。

同社が、ワールドワイドで展開する脅威情報センターでトラフィックを分析し、取りまとめたもの。調査を実施した3カ月間に、攻撃の成功や失敗にかかわらずマルウェアの攻撃を受けたパソコンの割合からランキングを算出した。

もっとも危険な国は、インドネシアで23.5%が攻撃を受けており、中国が21.3%で続いた。「タイ(20.8%)」「フィリピン(19.8%)」「マレーシア(17.4%)」とアジア勢が占める。

一方、攻撃にさらされることが少なかった国は、「ノルウェー(1.8%)」「スウェーデン(2.6%)」と北欧が上位を独占。3番目に2.6%で日本が続いた。さらに「英国(3.5%)」「スイス(3.8%)」とヨーロッパ勢が続く。

マルウェアのおもな感染源となっているのは、不審メールに記載されたリンク先や、攻撃者が設置したサイトなどもあるが、こうした攻撃の約8割は、改ざんされた正規サイトによるリダイレクトだという。

同社では、インターネットユーザーが疑いを持たずにアクセスし、感染することから、正規サイトがサイバー犯罪者の重要な標的になっていると危険性を指摘している。

(Security NEXT - 2012/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減