Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オプティム、遠隔操作ウイルスによる不正書き込みを防止するソフト

オプティムは、ウイルスによる不正な遠隔操作やキーロギングを監視する「Optimal Guard」を、2013年1月下旬より発売する。

同製品は、ネットワーク経由で遠隔操作を行うウイルスへの対策機能を備えたソフトウェア。パターンファイルによる検知ではなく、画面転送や意図しないキーボード操作など挙動から攻撃を検知し、防御する。

操作画面の転送を防止する「不正遠隔制御盗み見対策」やキーボード操作の記録や外部への送信を防止する「不正キーロガー対策」、不正プログラムによる通信を記録することで身に覚えのない操作を抽出する「冤罪対策」を搭載。

さらに、掲示板などへの意図せず投稿してしまう「クロスサイトリクエストフォージェリ」の対策機能を備えた。価格は1万290円。

(Security NEXT - 2012/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション
DNPら、セキュアチップを活用した金融機関向け遠隔保守サービス
DNPら、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウェイ端末を開発