Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語の開発言語で作成された 「TROJ_DELETER.AF」が発生 - ゲームファンを攻撃

トレンドマイクロは、11月下旬に日本語を用いる開発言語「プロデル」で作成されたマルウェアを確認したことを明らかにした。

今回同社が確認したのは、トロイの木馬「TROJ_DELETER.AF」。同社によれば、不正プログラムを開発する言語として「C」「C++」「C#」「VB.NET」「Java」「アセンブリ」が主流で、日本語のプログラミング言語が使われるケースはめずらしいという。

同マルウェアは、海外の著名ゲーム「Minecraft」を装った「自作Minecraft.exe」というファイル名で国内のゲームコミュニティサイトで配布された。感染例は少ないものの、感染するとOSのシステムファイルを含めたPC内の全ファイルを削除し、起動できなくなるおそれがある。

日本語を使用する開発言語で開発されたマルウェアとしては、「プロデル」の前シリーズである「TTSneo」で作成された「TSPY_KEYLOG.AG」が2011年2月に確認されている。日本語のプログラミング言語では、単純な機能を気軽に設計でき、悪意を持ったユーザーにとっても選択肢が広がっているとトレンドマイクロは指摘している。

(Security NEXT - 2012/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
「Dirty COW」判明から約1年、初の対Android攻撃 - 危険なアプリが30万件以上
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出
「Google Play」上に広告収入狙いのアドウェアが300件以上流通