Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語の開発言語で作成された 「TROJ_DELETER.AF」が発生 - ゲームファンを攻撃

トレンドマイクロは、11月下旬に日本語を用いる開発言語「プロデル」で作成されたマルウェアを確認したことを明らかにした。

今回同社が確認したのは、トロイの木馬「TROJ_DELETER.AF」。同社によれば、不正プログラムを開発する言語として「C」「C++」「C#」「VB.NET」「Java」「アセンブリ」が主流で、日本語のプログラミング言語が使われるケースはめずらしいという。

同マルウェアは、海外の著名ゲーム「Minecraft」を装った「自作Minecraft.exe」というファイル名で国内のゲームコミュニティサイトで配布された。感染例は少ないものの、感染するとOSのシステムファイルを含めたPC内の全ファイルを削除し、起動できなくなるおそれがある。

日本語を使用する開発言語で開発されたマルウェアとしては、「プロデル」の前シリーズである「TTSneo」で作成された「TSPY_KEYLOG.AG」が2011年2月に確認されている。日本語のプログラミング言語では、単純な機能を気軽に設計でき、悪意を持ったユーザーにとっても選択肢が広がっているとトレンドマイクロは指摘している。

(Security NEXT - 2012/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
「Minecraft」の脆弱性狙う破壊型マルウェア - 5万アカウント以上で被害か
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
スマホゲームのプレゼント企画でメール誤送信