Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語の開発言語で作成された 「TROJ_DELETER.AF」が発生 - ゲームファンを攻撃

トレンドマイクロは、11月下旬に日本語を用いる開発言語「プロデル」で作成されたマルウェアを確認したことを明らかにした。

今回同社が確認したのは、トロイの木馬「TROJ_DELETER.AF」。同社によれば、不正プログラムを開発する言語として「C」「C++」「C#」「VB.NET」「Java」「アセンブリ」が主流で、日本語のプログラミング言語が使われるケースはめずらしいという。

同マルウェアは、海外の著名ゲーム「Minecraft」を装った「自作Minecraft.exe」というファイル名で国内のゲームコミュニティサイトで配布された。感染例は少ないものの、感染するとOSのシステムファイルを含めたPC内の全ファイルを削除し、起動できなくなるおそれがある。

日本語を使用する開発言語で開発されたマルウェアとしては、「プロデル」の前シリーズである「TTSneo」で作成された「TSPY_KEYLOG.AG」が2011年2月に確認されている。日本語のプログラミング言語では、単純な機能を気軽に設計でき、悪意を持ったユーザーにとっても選択肢が広がっているとトレンドマイクロは指摘している。

(Security NEXT - 2012/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
「天下一音ゲ祭」の出場者向けメールで誤送信
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も