Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、ソフトに対するクラッキングを防止するソリューション

マクニカネットワークスは、米Arxan Technologiesが開発するソフトウェアのクラッキング対策ソリューションを提供開始した。

Arxanでは、コード堅牢化や暗号鍵の保護により、ソフトウェアを保護するソリューションを開発しており、マクニカネットワークスでは同社と販売代理店契約を締結した。4製品を取り扱い、初年度は15社への導入を目標に展開していく。

「GuardIT」「EnsureIT」の2製品は、堅牢化技術によりソフトウェアを保護するソリューション。攻撃の防御だけでなく、攻撃者に警告を与えることが可能。おもに「GuardIT」ではx86系に対応し、「EnsureIT」では「iOS」「Android」「ARM」「Linux」などの組み込みやモバイルプラットフォームに対応する。

一方「TransformIT」「BindIT」は、バイナリレベルでセキュリティ機能を組み込むことができる製品。「TransformIT」では、ソフトウェアが暗号化や復号化、署名などに用いる暗号鍵を、実行環境のシステムメモリ上から秘匿できる。また「BindIT」では、アプリケーションを実行する端末を限定することで、不正利用を阻止する。

(Security NEXT - 2012/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
個人データを匿名加工するクラウドサービス - NTTコム
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール