Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、Linux向けメールセキュリティ製品を発売

カスペルスキーは、法人向けセキュリティ製品「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server」を2013年1月31日に発売する。

同製品は、「Linux」「FreeBSD」で稼働するメールシステム向けのセキュリティ対策製品。スパムメールや、メール経由で侵入する悪意ある添付ファイルの隔離や削除を実現する。

最新版では、未知のマルウェアや脆弱性攻撃に対応する「ZETA Shield」を搭載。同社のクラウド基盤である「Kaspersky Security Network(KSN)」の最新情報をもとに保護できる。ブラックリストやホワイトリストの機能を強化し、組織向けのリストにくわえ、個人用リストの作成に対応した。

ブロックしたメールは、バックアップシステムに隔離。「Active Directory」「OpenLDAP」を使用している場合は、個々のユーザーがブラウザでバックアップ内容を確認できる。

またインタフェースにウェブコンソールを用意しており、ウェブブラウザから設定することが可能。「Amavisd-new」に対応し、「AMaViS」インターフェイスを使用して Linux のメールシステムと統合できる。

同製品は「Red Hat Enterprise Linux 6.2 Server」をはじめとする主要Linuxディストリビューションで利用でき、「Sendmall」や「Postfix」「qmail」などMTAとの統合に対応。1ユーザーあたりの参考価格は「Kaspersky Anti-Virus for Linux Mail Server」が2790円/年。「Kaspersky Anti-Spam for Linux Mail Server」は1860円/年。いずれも10ユーザーから導入できる。

(Security NEXT - 2012/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調