Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪質なURLはのべ4340万件に - 9割がマルウェアや脆弱性攻撃

2012年第3四半期を終えた時点で悪質なURLは4340万件にのぼり、9割がマルウェアを配布したり、脆弱性攻撃を行っていることがマカフィーの調査でわかった。

同社が、2012年第3四半期の脅威レポートを取りまとめたもの。同社では、マルウェアや不審なコンテンツを配布したり、スパムおよびフィッシング詐欺に関わる悪質なURLを1カ月あたり270万件確認した。

これは前四半期とほぼ同様の数字で、9月末の時点で同社が確認した悪質なURLは4340万件を超えた。これらのURLは、2370万件のドメインを含まれる。悪質なURLの90.9%には、マルウェアやエクスプロイト、不正コードが含まれる。

またこれらURLのうち、フィッシング詐欺は3.5%、スパムメールは1.1%だった。不正コンテンツが存在するサーバの所在地は北米が最多で、ヨーロッパ、中東と続く。

一方、スパムの流通量は7月から世界的な減少傾向が続いている。日本でも38%減を記録した。ボットネットによる感染は2012年5月をピークに減少しており、2011年第4四半期の水準に戻った。「Grum」の消滅と、「Cutwail」「Festi」による感染の激減が影響しているという。

(Security NEXT - 2012/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」