Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪質なURLはのべ4340万件に - 9割がマルウェアや脆弱性攻撃

2012年第3四半期を終えた時点で悪質なURLは4340万件にのぼり、9割がマルウェアを配布したり、脆弱性攻撃を行っていることがマカフィーの調査でわかった。

同社が、2012年第3四半期の脅威レポートを取りまとめたもの。同社では、マルウェアや不審なコンテンツを配布したり、スパムおよびフィッシング詐欺に関わる悪質なURLを1カ月あたり270万件確認した。

これは前四半期とほぼ同様の数字で、9月末の時点で同社が確認した悪質なURLは4340万件を超えた。これらのURLは、2370万件のドメインを含まれる。悪質なURLの90.9%には、マルウェアやエクスプロイト、不正コードが含まれる。

またこれらURLのうち、フィッシング詐欺は3.5%、スパムメールは1.1%だった。不正コンテンツが存在するサーバの所在地は北米が最多で、ヨーロッパ、中東と続く。

一方、スパムの流通量は7月から世界的な減少傾向が続いている。日本でも38%減を記録した。ボットネットによる感染は2012年5月をピークに減少しており、2011年第4四半期の水準に戻った。「Grum」の消滅と、「Cutwail」「Festi」による感染の激減が影響しているという。

(Security NEXT - 2012/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も