Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハミングヘッズ、2012年中にSePがMac OS Xへ対応 - iOSやAndroidも対応予定

ハミングヘッズは、エンドポイント向けセキュリティソリューション「セキュリティプラットフォーム」の対応OSを拡充すると発表した。

「セキュリティプラットフォーム」はPCの操作を制限したり、暗号化やログ機能を備えたセキュリティ製品。オプションでウイルス対策を提供する「ディフェンスプラットフォーム」を用意している。

同社では、2012年中に「Mac OS X」をサポートするほか、2012年3月までに「Windows 8」へ対応する予定。スマートフォンやタブレットへの対応も表明しており、iPhoneやiPadが採用する「iOS」版について開発を進めている。またAndroidやシンクライアント端末についても今後開発を計画しているという。

(Security NEXT - 2012/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調