Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、クラウドで振る舞い検知する「WildFire」を機能強化 - 1時間以内にシグネチャ

パロアルトネットワークスは、同社の次世代ファイアウォールでマルウェア対策を実現する「WildFire」のサブスクリプションサービスの提供開始した。

「WildFire」は、同社次世代ファイアウォールのOSで提供されているマルウェアを検知サービス。外部から送信された未知のファイルの振る舞いを、同社クラウド基盤上のサンドボックスで検証する。

同機能は、2011年にリリースされた「PAN-OS 4.1」にはじめて搭載され、サービス開始当初、定義ファイルは1日1回のペースで提供されていた。同社の説明によれば、「WildFire」リリース後、既存のマルウェア対策ソリューションでは識別できなかった7万5000件以上の新種マルウェアファイルを発見したという。

今回開始するサブスクリプションサービスでは、シグネチャの提供時間を大幅に縮小。マルウェアを検知した際に、1時間以内にシグネチャを配信し、ログやレポート機能を提供する。

またサブスクリプション契約をしていない製品ユーザーに対しても「WildFire」による分析や通知機能を引き続き無料で提供していく。

(Security NEXT - 2012/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験