Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイル端末の操作や位置情報を記録する「LanScope An」にリモート管理機能

エムオーテックスは、従業員によるAndroid搭載端末の操作や移動履歴をログ化し、管理できるクラウドサービス「LanScope An」の最新版を提供開始した。

同サービスは、モバイル端末における通話やアプリ起動、ウェブアクセス、位置情報、稼動時間など各種操作ログの管理や、端末の資産情報管理、インストールアプリの管理などを実現するソリューション。

今回の最新版では従来機能にくわえ、端末のセキュリティ状態を把握できる「リモート管理」機能を搭載。操作ログや行動ログ、資産情報からセキュリティ状態を「危険」「注意」「安全」の3段階に分類し、レポート。リスクのある端末に対し遠隔からのパスワードロックや初期化が実行できる。

最小5台から利用することが可能。価格は、1端末あたり登録料が7140円。年間使用料金が1260円。地図サービスの利用料金は8820円。

(Security NEXT - 2012/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
Lookout、自社開発したiOS向けアプリの危険性評価機能を提供
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト