Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイル端末の操作や位置情報を記録する「LanScope An」にリモート管理機能

エムオーテックスは、従業員によるAndroid搭載端末の操作や移動履歴をログ化し、管理できるクラウドサービス「LanScope An」の最新版を提供開始した。

同サービスは、モバイル端末における通話やアプリ起動、ウェブアクセス、位置情報、稼動時間など各種操作ログの管理や、端末の資産情報管理、インストールアプリの管理などを実現するソリューション。

今回の最新版では従来機能にくわえ、端末のセキュリティ状態を把握できる「リモート管理」機能を搭載。操作ログや行動ログ、資産情報からセキュリティ状態を「危険」「注意」「安全」の3段階に分類し、レポート。リスクのある端末に対し遠隔からのパスワードロックや初期化が実行できる。

最小5台から利用することが可能。価格は、1端末あたり登録料が7140円。年間使用料金が1260円。地図サービスの利用料金は8820円。

(Security NEXT - 2012/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加