Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android版「LINE」でアドレス帳を送信、友人が自動登録される不具合

NHN Japanが提供しているSNSアプリ「LINE」のAndroid版で、ユーザーに許可なくアドレス帳のデータが送信され、自動で友達登録される問題が発生した。

電話番号認証により登録をした同サービスの利用者において、11月26日に実施したAndroid向けのアップデートで、友人を自動で登録できる「友だち自動追加」機能に不具合が発生したもの。

同機能は、サーバへ送信された端末のアドレス帳情報をもとに、同サービスを利用する友人を検索、自動登録できる機能。登録を希望しない友人を登録したり、相手からアカウントを特定される場合もあるため、必要に応じてオフにできるが、今回のアップデート後、オフにできない状態だったという。

同社では今回の不具合を受け、バージョンアップ後に自動追加された「友だち情報」を一覧から削除し、同社サーバ上からもアドレス帳情報を削除したと説明している。

(Security NEXT - 2012/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
フィッシングに悪用されるブランドが増加、7年2カ月ぶりの高水準