Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、専門企業と連携する独自組織でサイバー攻撃対策の支援体制を強化

NECは、サイバー攻撃対策のノウハウを蓄積する横断的な組織を設置し、企業や官公庁向けのセキュリティソリューションの販売を強化する。

同社セキュリティ関連部門を連携させた組織「サイバーセキュリティ・ファクトリー」を設置するもので、企業や官公庁におけるサイバー攻撃対策の導入や運用を支援するための体制を強化する。

同組織では、トレンドマイクロ、ラック、フォティーンフォティ技術研究所、サイバーディフェンス研究所などセキュリティベンダーと連携。サイバー攻撃の動向やインシデント対応に必要な技術、ノウハウを集約し、サイバー攻撃対策ソリューションの開発拠点として活動する。

また同組織を活用し、標的型攻撃の脅威を可視化する「インシデント可視化ソリューション」、標的型攻撃による被害の有無を検査する「標的型攻撃検査サービス」など、サイバー攻撃の対策システムについて導入から運用支援までパッケージで提供。年間100億円の売上を目指す。

(Security NEXT - 2012/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に新版 - 2年4カ月ぶりの大幅改訂
シンガポール医療機関の大規模情報漏洩、関与グループが判明
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
経産省、ビルシステムのセキュリティ確保でGL案 - パブコメ実施
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ