Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、専門企業と連携する独自組織でサイバー攻撃対策の支援体制を強化

NECは、サイバー攻撃対策のノウハウを蓄積する横断的な組織を設置し、企業や官公庁向けのセキュリティソリューションの販売を強化する。

同社セキュリティ関連部門を連携させた組織「サイバーセキュリティ・ファクトリー」を設置するもので、企業や官公庁におけるサイバー攻撃対策の導入や運用を支援するための体制を強化する。

同組織では、トレンドマイクロ、ラック、フォティーンフォティ技術研究所、サイバーディフェンス研究所などセキュリティベンダーと連携。サイバー攻撃の動向やインシデント対応に必要な技術、ノウハウを集約し、サイバー攻撃対策ソリューションの開発拠点として活動する。

また同組織を活用し、標的型攻撃の脅威を可視化する「インシデント可視化ソリューション」、標的型攻撃による被害の有無を検査する「標的型攻撃検査サービス」など、サイバー攻撃の対策システムについて導入から運用支援までパッケージで提供。年間100億円の売上を目指す。

(Security NEXT - 2012/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも