Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、専門企業と連携する独自組織でサイバー攻撃対策の支援体制を強化

NECは、サイバー攻撃対策のノウハウを蓄積する横断的な組織を設置し、企業や官公庁向けのセキュリティソリューションの販売を強化する。

同社セキュリティ関連部門を連携させた組織「サイバーセキュリティ・ファクトリー」を設置するもので、企業や官公庁におけるサイバー攻撃対策の導入や運用を支援するための体制を強化する。

同組織では、トレンドマイクロ、ラック、フォティーンフォティ技術研究所、サイバーディフェンス研究所などセキュリティベンダーと連携。サイバー攻撃の動向やインシデント対応に必要な技術、ノウハウを集約し、サイバー攻撃対策ソリューションの開発拠点として活動する。

また同組織を活用し、標的型攻撃の脅威を可視化する「インシデント可視化ソリューション」、標的型攻撃による被害の有無を検査する「標的型攻撃検査サービス」など、サイバー攻撃の対策システムについて導入から運用支援までパッケージで提供。年間100億円の売上を目指す。

(Security NEXT - 2012/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
【特別企画】企業が「IoT」を活用する際、何に注意すべきか - JSSEC後藤氏
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ