Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook利用者の3割、知られたくない相手に投稿を読まれた経験

Facebookユーザーの約3割に、投稿した情報を知られたくない相手に閲覧された経験があることがトレンドマイクロの調査で判明した。

同調査は、同社がFacebookを利用する18歳から49歳の男女312人を対象に、11月9日から11日にかけて実施したもの。

Facebookに登録している情報は、「氏名(89.7%)」「性別(90.4%)」「出身地(69.6%)」「居住地(66.7%)」などは比較的高く、一方で「プロフィール写真(34.9%)」「勤務先(29.5%)」などは少ない傾向にあった。

利用者の83.7%が「プライバシーが気になる」と回答。投稿した情報が知られたくない相手に見られていた経験については、「よくある(7.1%)」と「たまにある(26%)」をあわせると33.1%にのぼる。さらに63.1%が、「友達承認したくない相手から申請が来たことがある」と答えている。

「特定のアプリをダウンロードしてから、スパムメールが送られてくるようになった」「不適切なサイトやクリック先に誘導された」といった問題も約2割のユーザーが経験していた。

Facebook上でのトラブルや人間関係のストレスを避けるための対策としてもっとも多かったのが「個人情報は最小限しか登録しない(53.5%)」で、「不特定多数に見られてもよいレベルしか投稿しない(49.4%)」が続く。

Facebookのプライバシー設定を活用していると答えた利用者は34.6%にとどまり、設定方法については85.6%が「わかりにくい」、78.5%が「設定変更が面倒」と回答している。

(Security NEXT - 2012/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から