Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、最新動向を紹介するセミナーを開催

フィッシング対策協議会は、フィッシング詐欺による被害の抑制を目的としたイベント「フィッシング対策セミナー 2012」を12月14日に都内で開催する。

同イベントは、フィッシング詐欺の最新動向について紹介するセミナー。同協議会や金融機関、警察庁、送信ドメイン認証の専門家が、フィッシングの手口や対応策、取り組みについて説明する。

会場は、品川シーサイド楽天タワー。参加費用は無料で定員は200名。イベントの実施はJPCERTコーディネーションセンターが担当しており、専用のメールアドレスで受け付けている。締め切りは2012年12月10日で、定員となり次第受付を終了する。

(Security NEXT - 2012/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析