Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、最新動向を紹介するセミナーを開催

フィッシング対策協議会は、フィッシング詐欺による被害の抑制を目的としたイベント「フィッシング対策セミナー 2012」を12月14日に都内で開催する。

同イベントは、フィッシング詐欺の最新動向について紹介するセミナー。同協議会や金融機関、警察庁、送信ドメイン認証の専門家が、フィッシングの手口や対応策、取り組みについて説明する。

会場は、品川シーサイド楽天タワー。参加費用は無料で定員は200名。イベントの実施はJPCERTコーディネーションセンターが担当しており、専用のメールアドレスで受け付けている。締め切りは2012年12月10日で、定員となり次第受付を終了する。

(Security NEXT - 2012/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生