Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブへの300人同時アクセステストを1台のPCで行えるソフト

アズビルセキュリティフライデーは、ウェブサーバのアクセステストを行うためのソフトウェア「WebTaster-Z」を販売開始した。

同製品は、複数の利用者が同時にウェブアプリを利用した際に不具合が発生しないか、簡易的に確認できるソフトウェア。1台のパソコンにより、300人のユーザーが300のブラウザからアクセスを行う環境を再現できる。

実際のブラウザ上の操作を再生することで、エラーの発生状況、平均アクセス時間などをレポートとして提供する。

価格は、1年間利用できるライセンスが15万円。2カ月ライセンスは3万円。5ユーザーまでの利用は無償で利用できる。

(Security NEXT - 2012/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験