Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、脆弱性攻撃からウェブアプリを保護する新製品 - ユーザー認証の統合機能も

日本IBMは、複数のウェブアプリケーションにおけるユーザー認証の一元化や、攻撃防御を実現するアプライアンス製品「IBM Security Web Gateway AMP 5100 V7.0」を12月14日より提供開始する。

同製品は、複数のウェブアプリケーションにおいて、利用者のIDやパスワードの一元管理を実現し、シングルサインオン機能を提供するゲートウェイ。アクセス権の管理に対応しており、認証後もアクセス制御を行うことができる。

またウェブアプリケーションの脆弱性に対する攻撃を防御する機能を搭載。「クロスサイトスクリプティング」や「SQLインジェクション」「クロスサイトリクエストフォージェリ」といった攻撃に対応するほか、あらたに発見された攻撃に対しても防御機能を導入できる。価格は、793万8000円。

(Security NEXT - 2012/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
OSS開発者向けにウェブアプリ脆弱性検査サービスを無償提供 - ビットフォレスト
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
中小企業向けにウェブアプリ診断サービス - セキュアイノベーション
ウェブアプリ脆弱性検査サービス「VAddy」がプライベートネットワークの検査に対応
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能