Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、なりすましなどブランドの不正利用を発見するサービス

ハンモックは、インターネット上において不適切なブランドの取り扱いを発見し、リスクを管理できるサービス「GLUE CI」を提供開始した。

同サービスは、インターネットで公開されている組織のブランド関連情報を収集するツール。ブランドの不正利用や過大広告、なりすまし、オークションへの不正出品など、ブランドを棄損するおそれがある行為を発見できる。

月額利用料は、15万7500円から。別途初期導入費用が必要。同社では今後1年間に50社へ提供することを目標にサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2012/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
フィッシングに悪用されるブランドが増加、7年2カ月ぶりの高水準
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%