Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、なりすましなどブランドの不正利用を発見するサービス

ハンモックは、インターネット上において不適切なブランドの取り扱いを発見し、リスクを管理できるサービス「GLUE CI」を提供開始した。

同サービスは、インターネットで公開されている組織のブランド関連情報を収集するツール。ブランドの不正利用や過大広告、なりすまし、オークションへの不正出品など、ブランドを棄損するおそれがある行為を発見できる。

月額利用料は、15万7500円から。別途初期導入費用が必要。同社では今後1年間に50社へ提供することを目標にサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2012/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査