Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入院患者の処方箋が路上に散乱、回収漏れの可能性も - 八王子の精神科病院

東京都八王子市の平川病院は、入院患者の個人情報含む処方箋が廃棄業者により誤って資源ごみに出され、運搬途中で路上に飛散していたことを明らかにした。

飛散した処方箋は、2007年12月1日から同月31日の間に発行された入院患者の臨時処方箋。患者の氏名、生年月日、処方内容が記載されていた。10月20日に廃棄業者が誤って資源ごみとして持ち出したが、運搬途中の路上で約1キロにわたって飛散したという。

近隣住民から連絡があり、職員が168枚を回収したが、回収漏れの可能性もあるという。同院では、電子カルテで履歴を確認し、対象となる患者に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定地区の粗大ごみ収集受付票のみが所在不明に - 大阪市
廃棄伝票が運搬中に落下、一部未回収の可能性 - パロマ
段ボール箱開き個人情報含む書類がトラックから飛散 - 岩国市
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
学生名簿を配送会社が紛失 - 近畿大
料金収納振込票、運搬袋のファスナー閉めず紛失 - ローソン
漢検答案用紙が盗難 - コンビニ前で自転車かごから
融資受けた顧客の書類が飛散、一部回収できず - 中央労金
従業員の個人情報含む書類が車上荒らし被害 - 家具販売業者
顧客情報含む書類が運搬中に飛散、一部紛失か - 四国電力