Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、ブラウザ不正操作ウイルスから保護するソフトを金融機関などへ提供

フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)は、マルウェアからウェブブラウザを保護するソフトウェア「FFRI Limosa」を11月20日より提供開始する。

同製品は、従来から存在するキーロガーといった脅威にくわえ、オンラインバンキング利用者のブラウザを乗っ取るマンインザブラウザ(MITB)といった攻撃からの防御を実現するソフトウェア。

MITBは、ワンタイムパスワードや多要素認証、ソフトウェアキーボードといった従来の対策で回避することが難しい攻撃で、サービス利用者に気が付かれないようブラウザが不正に操作され、情報の詐取や不正送金といった被害に遭う可能性がある。

121116ff_01.jpg
セキュアなログインを実現する「FFRI Limosa」

同社は、利用者の保護を必要とする金融機関やEコマース、SNSなど、ウェブサービスを運営する事業者向けに同製品を展開。

ウェブサービス事業者は、大がかりな変更をせずにウェブサイトへ設置可能で、ウェブサーバから配布できる。利用者側も複雑な操作を行うことなくログイン時に自動的にウェブブラウザへ適用し、ブラウザを保護することができる。

(Security NEXT - 2012/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Google Play」上に広告収入狙いのアドウェアが300件以上流通
WP向けプラグイン「Popup Maker」にXSSの脆弱性
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
偽「マリオアプリ」、5年間に6500件超 - Android版「スーマリラン」の便乗攻撃にも注意を
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
Apple、「iOS 10.2.1」で脆弱性18件を解消 - 12件はWebKit関連
Office利用者狙うフィッシング、国内から3000件以上のアクセス
「マルウェア除去ツールの配布」装うメールに注意 - 指示に従うとマルウェア感染
ウェブ閲覧中の偽警告画面に注意 - 8月だけで相談200件
「ウイルス検出」とだます偽警告への相談、引き続き増加傾向