Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UGSE、独政府が著作権を持つセキュリティソリューションを販売

UGSEは、独secunet Security Networksが開発するセキュリティソリューション「SINA」を2013年1月より販売開始する。

同製品は、独内務省が管理する情報技術安全局の要求に基づいて開発され、独政府が著作権を保有するソフトウェア。secunet Security Networksが開発や販売を行っており、オープンなネットワークのなかに、クローズドネットワークを構築できるという。

パソコン内を5区画に分離し、メールなどインターネット接続によるウイルスの侵入を遮断する「SINA Workstation」やスマートカードにより保護されたシンクライアント「SINA Terminal」などクライアント向けシステムを提供。

さらに通信相手を厳密に指定した上でサーバ間を接続する「SINA Box」、サーバ間を光ケーブルで接続し、データの流れを一方通行に制御して基幹系サーバからの情報漏洩を防止する「SINA One Way」、製品を統合管理するために登録局や認証局などのPKI機能を実現する「SINA Management」を用意しており、UGSEではこれらシステムを含む6コンポーネントを国内で展開する。

価格は、標準的な構成で約1000万円からで、クライアント用ソフトは1台約10万円となる予定。

(Security NEXT - 2012/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英Sophos、米Invinceaを買収 - 機械学習による脅威検知技術を取得
AVG統合後はじめてとなる「Avastシリーズ」 - 他社製品との併用モードなど追加
マクニカ、ユーザーの業務パターンを自動学習して異常を検出する製品
CTC、機械学習を活用するSentinelOne製EDRを国内で販売
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版
セキュリティ情報の共有に特化したソーシャルネットワーク基盤 - 日立システムズ
ソフトバンクC&S、機械学習でIoT機器の異常を検知「ZingBox」
日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション
FireEye、セキュリティ管理を自動化するプラットフォーム - 招待制プログラムを展開
NISC、「情報セキュリティハンドブック Ver.2.00」を公開 - 大幅ボリューム増