Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、東京SOCを設置 - 国内企業向けMSSを強化

シマンテックは、都内にセキュリティオペレーションセンター「TOKYO SOC」を開設した。日本語による「マネージドセキュリティサービス」を展開する。

同社では、これまでに米国、イギリス、オーストラリア、インドと海外4拠点にセキュリティ専門家が常駐するSOCを配置。毎月2750億以上のログエントリから4000件以上の深刻なイベントを処理しており、これら情報をもとに24時間体制の「マネージドセキュリティサービス(MSS)」を企業向けに展開している。

今回の対応は、2011年10月に発覚した標的型攻撃を背景として、国内大企業による監視サービスへの需要が高まっていることを受けたもので、国内法人の主導のもと、世界で5番目となる拠点を東京都内に設置した。

今後は、グローバルチームと連携した東京SOCチームにより、日本国内の事情に則したインシデント報告やインシデントレポートを提供するなど、国内企業向けのサービスを充実させていきたい考え。

(Security NEXT - 2012/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
JNSA、公開鍵暗号技術を考えるセミナーを都内で開催