Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、仮想スマホ環境をクラウドで提供するBYODソリューション

NECは、スマートデバイスをクラウド上で仮想化し、個人所有のスマートフォンから利用できる「NEC Cloud Smartphone」を企業向けに提供開始した。

同サービスは、スマートフォンやタブレットの環境をクラウド上で仮想的に構築。個人所有のスマートフォンから接続して利用できるBYODソリューション。用途に応じてセキュリティポリシーを使い分けることができる。

クラウド上の仮想環境上でデータを扱い、利用者のプライベート端末には画面情報のみ転送するため、端末上に情報が残存せず、紛失や盗難などの心配なく利用することができる。

仮想スマートフォンでは、物理端末に搭載したGPSをはじめとする各種センサにアクセスすることが可能。同サービスのセキュリティ対策として、ウィルススキャンやMDMをオプションとして提供する。

当初の対応端末は、Android搭載端末のみだが、今後iOSやWindowsなど対応OSを拡充する予定。個別見積もりで対応するが、100ユーザー利用時の参考価格は360万円。今後5年間に200億円の販売を目標としている。

(Security NEXT - 2012/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」