Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オージス総研、マルチOS対応の「スマートデバイス管理ソリューション」を提供

オージス総研は、企業で利用されているスマートデバイスの一元管理を実現する「スマートデバイス管理ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、業務利用するスマートフォンやタブレット端末の「デバイス管理」「アクセス管理」「ウイルス対策」などの機能を提供するソリューション。iOSやAndroid、Windowsなど異なるプラットフォームのデバイスを一元管理できる。

デバイス管理では、インヴェンティットのデバイス管理ソリューション「IT-MOM」を提供し、端末ロックやデータ消去、アプリケーションやWi-Fiの使用制限、端末情報収集などの機能が利用できる。

一方アクセス管理では二要素認証、通信の暗号化、アクセスコントロールを実現。ウイルス対策では、ウイルス対策ソフトの導入を支援する。

(Security NEXT - 2012/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック