Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オージス総研、マルチOS対応の「スマートデバイス管理ソリューション」を提供

オージス総研は、企業で利用されているスマートデバイスの一元管理を実現する「スマートデバイス管理ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、業務利用するスマートフォンやタブレット端末の「デバイス管理」「アクセス管理」「ウイルス対策」などの機能を提供するソリューション。iOSやAndroid、Windowsなど異なるプラットフォームのデバイスを一元管理できる。

デバイス管理では、インヴェンティットのデバイス管理ソリューション「IT-MOM」を提供し、端末ロックやデータ消去、アプリケーションやWi-Fiの使用制限、端末情報収集などの機能が利用できる。

一方アクセス管理では二要素認証、通信の暗号化、アクセスコントロールを実現。ウイルス対策では、ウイルス対策ソフトの導入を支援する。

(Security NEXT - 2012/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説