Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クライアント端末における不正操作の自動録画に対応した「SKYSEA Ver.8」

Skyは、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.8」を発売した。

同製品は、「IT資産管理」「ログ管理」「デバイス管理」など一元管理を実現するソフトウェア。クライアントパソコンにくわえ、オフィス機器を管理にも対応している。

最新版では、最新OSであるWindows 8に対応し、Windowsストアアプリの資産管理や使用制限が可能。「SkyDrive」「Windows To Go」を管理できるほか、「Windows Defender」の使用状況を確認できる。またMac OS Xのサポートを強化し、USBデバイスの管理やリモート操作に対応した。

さらにクライアント端末における不正操作を自動的に録画し、管理者が確認することが可能。マルチディスプレイ環境のクライアントパソコンのリモート操作が行えるようになっている。

(Security NEXT - 2012/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
委託先セキュリティ検査を支援するパッケージ - NRIセキュア
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure