Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクテレコムら、スマホセキュリティ分野で提携 - 仮想化技術によるBYODサービス

ソフトバンクテレコム、ソフトバンクモバイル、VMwareの3社は、仮想化ソフト「VMware Horizon Mobile」をベースにしたスマートフォン向けセキュリティソリューションの分野で提携した。

「VMware Horizon Mobile」は、スマートフォン内に仮想化環境を構築できるソリューション。端末OSと仮想化環境のOSを、それぞれをプライベートのインターネットアクセスと企業システムへのアクセスに使い分けることで、スマートフォンの安全な業務利用を実現する。

今回の提携を通じて、ソフトバンクテレコムではBYODサービスの提供する予定で、Android搭載端末「Motorola RAZR M SoftBank 201M」を用いた無償トライアルサービスを12月10日より展開する予定。今後は、「VMware Horizon Mobile」のiOS版の採用についても積極的に取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2012/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」