Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、フィルタリング製品のホワイトリスト登録を簡素化する無償オプション

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」のユーザー向けに「URLエクスポーター」を提供開始した。

同サービスは、同社製品のユーザー向けにクラウド上で提供する無償サービス「クラウドオプション」の第2弾。同サービスにより、動画や画像、広告など複数のコンテンツで構成されたウェブサイトから、各コンテンツのURLを自動で抽出することが可能。

抽出したURLをホワイトリストとして一括登録できるため、フィルタリングルールへ登録する際の負担を軽減することが可能。同オプションは、「InterSafe WebFilter」のユーザーであれば無料で利用できる。

(Security NEXT - 2012/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン