Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、フィルタリング製品のホワイトリスト登録を簡素化する無償オプション

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」のユーザー向けに「URLエクスポーター」を提供開始した。

同サービスは、同社製品のユーザー向けにクラウド上で提供する無償サービス「クラウドオプション」の第2弾。同サービスにより、動画や画像、広告など複数のコンテンツで構成されたウェブサイトから、各コンテンツのURLを自動で抽出することが可能。

抽出したURLをホワイトリストとして一括登録できるため、フィルタリングルールへ登録する際の負担を軽減することが可能。同オプションは、「InterSafe WebFilter」のユーザーであれば無料で利用できる。

(Security NEXT - 2012/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー