Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、VMごとに導入不要の仮想化環境向けウイルス対策製品

カスペルスキーは、仮想化環境用セキュリティ対策製品「Kaspersky Security for Virtualization(英語版)」の販売を開始した。

同製品は、「VMware vSphere」および「VMware vShield Endpoint」に対応するセキュリティソリューション。ウイルス対策エンジンや定義ファイルを仮想アプライアンスにて提供し、「vSphere」で動作する複数の仮想マシンのウイルス対策を実現する。

「VMware vShield Endpoint」に対応しており、仮想化マシンではエージェントレスで利用でき、エンドポイントごとに製品を導入せず、ウイルス対策の負荷を同製品へオフロードさせることが可能。リアルタイムおよびオンデマンドスキャンに対応する。

同社の他製品と共通の管理コンソール「Kaspersky Security Center 9」による集中管理に対応しており、共通したポリシーを利用することができる。

「Targeted Securityシリーズ」として提供し、参考価格は、デスクトップ向けが3525円から、サーバー向けが1万2945円から。

(Security NEXT - 2012/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版
カスペルスキー、仮想化環境向けにセキュリティ対策製品
日立、ブラウザ閲覧環境を業務システムから分離するソリューション
高収入のIT資格、セキュリティ関連が健闘
クラウド動作のアプリ画面を転送するサービス - NTTコム
トレンド、SDN連携で攻撃への初動対応を自動化するソリューション
2015年法人端末の仮想化率は30.4% - 市場規模予想は3972億円