Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリを職員が紛失 - 昭和大付属東病院

昭和大学病院付属東病院は、患者情報42件が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることを公表した。

紛失したUSBメモリは、42人分の患者情報を保存していたもので、ローマ字表記の姓、性別、診察券番号、略語化された病名、手術手技、検査結果などの情報が保存されていた。10月27日に職員が紛失に気付いたという。

同院では、厚生労働省や東京都へ自体を報告。不正利用などは確認されていない。また対象となる患者へ書面を通じて事情を説明し、謝罪する。

(Security NEXT - 2012/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
高校で個人情報含むUSBメモリが所在不明、相談スペース利用状況なども - 大阪府
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社
高校生徒の写真含むUSBメモリが所在不明に - 大阪府
学生情報含む教員の私有USBメモリが所在不明に - 大阪工業大