Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2件の脆弱性を修正した「Safari 6.0.2」が公開 - Mac版のみ

Appleは、脆弱性を修正した同社ブラウザの最新アップデート「Safari 6.0.2」をMac OS X向けに公開した。

今回のアップデートは、「WebKit」における脆弱性2件を修正するプログラム。細工されたウェブサイトを閲覧すると、不正にコードを実行されるおそれがある問題に対応した。

Windows版については、「同6」以降公開されておらず、「同6.0.1」の脆弱性も含め、修正が行われていない。JVNでは、現状対策方法は存在していないとして、Windows版の利用者に対し、使用を中止するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
主要OSなどに権限昇格の脆弱性 - 各社アップデートで対応
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
Vpassチケット、「iOS 11.3」で不具合
Apple、Mac向けに「Security Update 2018-001」をリリース
「iOS 11.3.1」でUI偽装など脆弱性4件を修正 - Apple
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
Apple、開発ツール「Xcode」の脆弱性に対処
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ