Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、組込機器の安全性診断サービスを開始

NRIセキュアテクノロジーズは、組込機器や運用システムのセキュリティレベルを評価する「デバイス・セキュリティ診断」サービスを提供開始した。

同サービスは、産業用の制御システムなどオープン化の進む組込デバイスを出荷前に検証し、脆弱性の修正を支援するサービス。

同社が従来より提供しているプラットフォーム診断やWebアプリケーション診断などを組み合わせ、デバイスを含むシステムの系全体の安全性診断にも対応する。

料金は個別見積もり。同社では同サービスの展開により今後1年間に1億円以上の売上を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本ラッド、ルネサス製セキュアマイコンのミドルウェアを開発
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
組込用SSL/TLSスタック「MatrixSSL」に深刻な脆弱性
「Angler EK」が1月に修正された「Silverlight」の脆弱性を悪用
自宅は大丈夫? - 「HDDレコーダー」など家庭内IoT機器にマルウェアが浸食中
ロック、ファジングツールの運用支援サービスを開始
「Flash Player」に35件の脆弱性 - 更新が公開
「Angler EK」がPOSシステムを標的に - サンドボックス回避機能なども
Flashゼロデイ脆弱性は容易にコード入手、攻撃が可能 - SBTが警鐘
Hacking Teamから漏洩した脆弱性、攻撃コードをEKが次々実装