Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報入り磁気テープが個人情報輸送サービスで所在不明に - 北越銀

北越銀行は、顧客情報が記録された磁気テープ1本が、所在不明になっていることを明らかにした。外部の輸送サービスで紛失が発生したという。

所在不明になっているのは、個人と法人の顧客情報4821件が記録されていたテスト用の磁気テープ。同行によれば、10月23日に個人情報の輸送に特化した日本通運の「プライバシーガード便」を利用してテスト委託業者へ発送したが、未着になっているという。

同行がテープを預けた日本通運の長岡航空支店から発送された記録が残っていなかった。同支店内で紛失した可能性が高いとして、捜索しているものの発見されておらず、警察へ紛失を届けた。

磁気テープに保存された顧客情報のうち1370件については顧客名のほか、住所、電話番号、生年月日または設立年月日が含まれる。3451件については顧客名のみだった。

同行では、対象となる顧客に報告と謝罪を行うとともに、輸送業者に再発防止の徹底を要請するとしている。

(Security NEXT - 2012/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先情報など含む記録媒体が一時所在不明に - Minoriソリューションズ
料金払込票を輸送途中に回収袋ごと紛失 - ココストア
顧客情報含む書類を輸送中に紛失 - TOKAIコミュニケーションズ
顧客情報記載の書類が委託業者による運送過程で所在不明に - 損保ジャパン
個人情報6560件含む市税関連帳票を搬送中に紛失、すべて回収 - 横浜市
輸送途中の交通事故で荷物を焼失 - ヤマト運輸
JR仙台駅設置ATMの取引データを紛失 - セントラル警備保障
センター試験の一部受験者名簿が所在不明に - 受験に影響なし
事務所移転時に顧客情報が輸送箱ごと紛失 - ロプロ
顧客情報含む申込関係書類が輸送過程で所在不明に - J:COM大阪