Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC版LINEで障害、メッセージ混線で第三者の会話が表示 - 現在は復旧

NHN Japanが提供している無料の通話、チャットアプリ「LINE」のパソコン版で、10月31日19時ごろ、メッセージが混線する障害が発生した。すでに修復は終えているという。

同社がブログで明らかにしたもので、10月31日19時ごろ、パソコン向けに提供しているLINEで、数分間にわたりメッセージの混線が発生。一部ユーザーで混線したメッセージが、送信者不明のメッセージとしてランダムに表示される状況に陥ったという。

同社では問題を受け、一時的にPC版LINEで強制ログアウトを実施。修正作業を実施した。送信者不明となったメッセージを削除し、現在は問題なく利用できるという。

(Security NEXT - 2012/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
「MUFGカード」をかたるフィッシング - 15種類の異なるトップレベルドメインで偽サイトを配信
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「不正行為の防止・抑制」のためとだます
LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表
「LINE」装うフィッシング - 「ログイン保護を設置」などとだます
iOS版「LINE」にMITM攻撃可能となる脆弱性 - SDKの脆弱性が影響
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供