Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC版LINEで障害、メッセージ混線で第三者の会話が表示 - 現在は復旧

NHN Japanが提供している無料の通話、チャットアプリ「LINE」のパソコン版で、10月31日19時ごろ、メッセージが混線する障害が発生した。すでに修復は終えているという。

同社がブログで明らかにしたもので、10月31日19時ごろ、パソコン向けに提供しているLINEで、数分間にわたりメッセージの混線が発生。一部ユーザーで混線したメッセージが、送信者不明のメッセージとしてランダムに表示される状況に陥ったという。

同社では問題を受け、一時的にPC版LINEで強制ログアウトを実施。修正作業を実施した。送信者不明となったメッセージを削除し、現在は問題なく利用できるという。

(Security NEXT - 2012/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも