Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC版LINEで障害、メッセージ混線で第三者の会話が表示 - 現在は復旧

NHN Japanが提供している無料の通話、チャットアプリ「LINE」のパソコン版で、10月31日19時ごろ、メッセージが混線する障害が発生した。すでに修復は終えているという。

同社がブログで明らかにしたもので、10月31日19時ごろ、パソコン向けに提供しているLINEで、数分間にわたりメッセージの混線が発生。一部ユーザーで混線したメッセージが、送信者不明のメッセージとしてランダムに表示される状況に陥ったという。

同社では問題を受け、一時的にPC版LINEで強制ログアウトを実施。修正作業を実施した。送信者不明となったメッセージを削除し、現在は問題なく利用できるという。

(Security NEXT - 2012/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
フィッシング報告、17カ月ぶりに1000件を突破 - URLも大幅増
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に