Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入り公開資料、あらたに3件が判明 - 大阪府

大阪府は、ファイル内のデータに個人情報が含まれていることへ気が付かず、削除せずに誤ってサイト上へ掲載していた問題で、同件とは別に同様のミスが3件あったことを明らかにした。

同府では、約2年8カ月にわたりメールマガジン登録者1万5881人分の個人情報を含む資料を公開していたことが9月末に判明。同問題を受け、「Word」や「Excel」「PowerPoint」で作成された公開資料について、同様の問題が生じていないか点検を進めていた。

今回の調査によりあらたに3件の誤掲載が判明しており、「サラ金・クレジット無料日曜相談会」の結果概要をまとめたファイルでは、特定の操作により、相談者178人の氏名や市町村名を確認できる状態だったという。

また「企業立地促進補助金交付企業のアンケート調査結果」に添付された表では、アンケート回答企業136社の担当者氏名や企業に関する情報が閲覧可能だったほか、「おおさか身近な生きもの調査(セミの調査結果)」についても、申込者69人の氏名、住所、電話番号が含まれる。

今回の問題を受けて、同府では個人情報が含まれるファイルを削除。関係者への謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2012/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
観光施設で顧客宛のメルマガを誤送信 - 身延町
フォーム送信情報を誤送信、サンプルメアドへ - 日本自然保護協会
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認