Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タオ、Androidアプリ提供者向けのガイドラインを公開

タオソフトウェアは、「アンドロイドスマートフォンプライバシーガイドライン」を作成し、同社サイト上で公開した。無償で利用できる。

スマートフォン利用者において、プライバシーに関する不安が高まる一方、アプリ提供者に自主的な対策が求められている現状を受け、同社がAndroidアプリにおけるプライバシーガイドラインを独自に作成したもの。

同社は、Androidアプリケーションの開発やAndroidのセキュリティ書籍などを手がけており、これまでのノウハウを活用。8月に総務省が公開した「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」からAndroidアプリ提供者に必要な事項を抽出。さらにAndroidアプリ特有の要件を追加し、再構成した。

アプリが利用する情報の種類や利用目的ごとに、利用者に対してどのような情報提供を行ったり、許諾を得るべきか、ガイドラインとしてまとめている。ライセンスは、Apatch License 2.0で、無償で利用できる。

(Security NEXT - 2012/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版が決定
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF