Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、不完全な証明書で更新プログラムを署名 - 順次再リリースを実施

日本マイクロソフトは、一部更新プログラムが、問題ある証明書によって署名されていたことを明らかにした。今後不具合が生じる可能性があるとして、対応する更新プログラムをリリースしている。

同社によれば、適切なタイムスタンプ属性が設定されていない証明書で署名を行っていたことが判明したもの。内部的なミスが原因で、外部からの攻撃に起因する不具合ではないという。

同問題により、証明書の有効期限が切れると、署名されたプログラムとWindowsの互換性を確保できず、インストールやアンインストールが行えなくなるおそれがある。

同社は、今回の不具合へ対応するため、問題が生じた証明書で署名されたプログラムの互換性を確保する更新プログラムを、10月の月例セキュリティ更新プログラムとともにMicrosoft Updateで提供を開始した。

くわえて問題がある証明書で署名が行われたプログラムについて、修正を行った上で再度提供するとしており、「MS12-053」をはじめ、8月に公開された4件のセキュリティ更新プログラムと、8月より提供していた1024ビット未満の証明書を無効化する更新プログラムについて、再リリースした。

今後も影響を受ける製品に対し、利用可能となった時点で順次更新プログラムを提供していく予定だという。

(Security NEXT - 2012/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
「Adobe Creative Cloudデスクトップアプリ」に脆弱性 - 更新がリリース
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース
「Apache Tomcat Native Connector」に2件の脆弱性
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ