Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソーシャルチケット販売サイトで別の顧客情報を表示する不具合

ソーシャルチケット販売サイト「PeaTix」において、アクセスした利用者とは関係ない他利用者の個人情報が表示される不具合が一時発生した。

運営会社のOrinoco PeaTiXによれば、はじめて同サイトにログインしたユーザーに不具合が生じたもので、氏名やメールアドレス、住所、電話番号、アンケートフォームの記載内容など、前後にアクセスした他利用者の個人情報が表示された可能性があるという。

10月1日に顧客からの問い合わせがあり、問題が判明。11時40分にサイトを一時停止した。今回の不具合により影響を受けた利用者は約100人で、個別に連絡をしているという。

すでに同社では不具合を修正しており、同日17時にサービスを再開している。またクレジットカード情報については、決済機能に他社サービスを利用しているため情報を保持しておらず、漏洩の可能性について否定している。

(Security NEXT - 2012/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
ワコールの通販サイトで顧客情報を誤表示 - キャッシュ設定のミスで
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
都環境局のサイトで個人情報を誤表示 - 原因を調査中
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ
会員向けサイトで個人情報を誤表示、システム不具合で - JRA
メルマガ誤送信で登録者のメアドが流出 - 台東区